■この木なんの木

r0015546

先日、岩見沢から夕張へ向けて車を走らせていると、農家の庭先(畑先?)に変わった花を咲かせる珍しい木を発見しました。一見ライラック!?と思いがちなのですが、皆さんわかりますか(^-^)?

正解は。。。

【キリ(桐)/Paulownia tomentosa Steudel/(ゴマノハグサ科ないしノウゼンカズラ科)】でした。

r0015544

道外出身の方には馴染み深い花木なのかもしれませんが(家に女の子が生まれると桐の木を植え嫁入りの時にその材で花嫁道具として箪笥をつくる風習があったそうな)、その耐寒性の低さから、比較的温暖な道南地域以外の道民にとってはたいへん珍しいものです(よね!?)

本来の適性ではない環境に順応し、成長を遂げている姿に見とれるばかり。すでに花の盛りは過ぎ散り始めていましたので、来年はもう少し早い時期に眺めに行こうと心に誓うのでした。

※↓敷地内のため花のアップが撮れなかったので、画像屋さんからお借りしました※

a0960_000279

« »

検索

最近の記事

* RSS FEED