6月2011

■この木なんの木

r0015546

先日、岩見沢から夕張へ向けて車を走らせていると、農家の庭先(畑先?)に変わった花を咲かせる珍しい木を発見しました。一見ライラック!?と思いがちなのですが、皆さんわかりますか(^-^)?

正解は。。。

【キリ(桐)/Paulownia tomentosa Steudel/(ゴマノハグサ科ないしノウゼンカズラ科)】でした。

r0015544

道外出身の方には馴染み深い花木なのかもしれませんが(家に女の子が生まれると桐の木を植え嫁入りの時にその材で花嫁道具として箪笥をつくる風習があったそうな)、その耐寒性の低さから、比較的温暖な道南地域以外の道民にとってはたいへん珍しいものです(よね!?)

本来の適性ではない環境に順応し、成長を遂げている姿に見とれるばかり。すでに花の盛りは過ぎ散り始めていましたので、来年はもう少し早い時期に眺めに行こうと心に誓うのでした。

※↓敷地内のため花のアップが撮れなかったので、画像屋さんからお借りしました※

a0960_000279

« »

■緑のカーテン*成長記録①

r0015505

昨日の北海道新聞でも取り上げられていましたが、日差しを遮り室内・壁面温度の上昇を抑える事から、省エネ効果が期待される【緑のカーテン】。
先日、マインの店先に設置した様子をお届けしましたが、かれこれ一ヶ月が経過し、

こんなに成長しましたよ♪

r0015506

r0015504

特に、向かって左の【花豆(はなまめ)】の成長が著しく、紅白競い合う様に育っています。

« »

■表情豊かな石板の庭

tanaka055 ついに!市川造園の名に相応しく、造園工事の記事をお届けいたします。(`▽´)ノ

では早速、先日竣工(=“しゅんこう”と読みます。工事が終了することを言います。)を迎えた東区T様のお庭をご紹介。

お客様の中である程度イメージが出来上がっている段階からの設計で、平板の張りパターンなどを何度か修正し、こちらの↓内容で施工に至りました。

heimenzu

舗装材は天然石の平板を。。。花壇は無理の無い面積で。。。といったご要望を受け、共和企興㈱さんの舗装材【ジャイプルサンド】を敷き詰め、手を伸ばして届く範囲の植栽スペースを設けております。

イメージパースと比べていかがでしょうか!?

tanaka0331

tanaka033

また、散水栓を頻繁に使用されるとの事で、水栓柱と水受けパンが一体となった、オンリーワンさんのユニット水栓柱【サナンド】を設置しました。こちらは、凍結防止用の水抜き機能(上にちょこんと佇んでいる小鳥のハンドルです。)がある寒冷地仕様なので、地域を問わず安心してお使いいただけます。

tanaka044

大改造!劇的!は大げさかもですが、お馴染みのビフォーアフターです♪

tanaka01111

tanaka01112

天然石を使用したことにより表情豊かな味わい深いお庭になりました。T様、このたびはご用命いただきありがとうございました。

今後、現在施工中の工事なども随時ご紹介していきますので、皆さまのお庭造りのご参考にしていただけると嬉しい限りです。

« »

* RSS FEED