3月2011

■春模様

今週に入り、気温は上昇、雪融けも上々で、春への期待も高まりますね。

当社のハウス(=温室)では、ムスカリが顔を出したり、養生中の宿根草が開花したり、ハンギングバスケットの試作品が並べられたりと、一足早い春が訪れています。

r001350777r00135288 

r0013512221

 r001353222 

そんな中、栽培用ハウスでは先週から、“プラグ苗”と呼ばれる苗の赤ちゃんを、皆さんが店頭で目にする黒ポットに定植する作業が行われているとの事で覗いてきました。(“プラグ”の言われは、コンセントにプラグを差し込むかのごとく、スムーズに苗を植え穴へ挿し込む事が出来るからだそうです。)

r00135211r00135200サルビア・パテンスに、ベゴニア・センパフローレンス。

体は小さくても親譲りの葉っぱの形が、しっかりと自己主張していますね。

 

r00135044

残念ながら作業状況を撮影する事はできなかったのですが、ハウスの中はこの様な状態で、サルビア・マリーゴールド・ベゴニアを中心に栽培しています。

当然の事ながら、この子達はうちの二歳児の様に、寒い!暑い!痛い!痒い!のど乾いた!お腹すいた(怒)な~んて訴えてこないので、常に状態を観察し、要求を汲み取る必要があります。温度や湿度の管理など気が抜けない日々が続きます。

この先、そんなこんなな成長の様子を定期的にUPしていきますのでどうぞお楽しみに。

« »

■マネージャーの出張録~その弐~

sp_l3302

今回の出張では、花卉生産者さんのハウス栽培の様子も見学させて頂いたそうです。

110303_1455244こちらはカーネーション『サンフロール/ビアンカ』の苗。なんとなんと5月の母の日に照準を合わせて栽培されているものだそうで、植物を出荷できる状態に仕上げるのには月日を要するものである事を改めて認識。その苦労と技術の結晶を扱う我々も身が引き締まります。

 

こちらはショップのオープンに向けて仕入れたものの一部です。

110304_1421000110304_1422033

 

 

 

 

 

なかでも、マネージャーのイチオシがこちら↓↓↓

『砂漠のバラ』という異名を持つ、『アデニウム/Adenium obesum 』の八重咲き品種、

その名も・・・

『 天空のバラ 』 ☆≡

でございます!

110305_09370888

なんという気高さでしょう(´▽`)流通したての珍しい品種だそうなので、4月下旬のオープン時にぜひ眺めに(あわよくばお買い上げに)来てくださいね!そして、この出張でひとまわり大きく成長した(はずの)マネージャーを見かけたら、どしどし質問をぶつけてやって下さい。

« »

■ネオマリカ

spl_030

このたびの震災に遭われました多くの方々にお見舞いを申し上げるとともに、

一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

株式会社 市川造園 社員一同

spl_0301

先日、事務所の休憩室で、この子が。。。

neo01

開花しました!!

neo021

名を、『ネオマリカ・ノーシアナ/Neomarica northiana』という、アヤメ科ネオマリカ属の多年草です。耐寒性が無いうえ一日花な為か、残念なことに札幌では流通・販売されているものを見かけません。

neo03葉と良く似た花茎(かけい)の先につぼみを付け、その重みで花茎をしならせながらも花は真っすぐ上を向いて咲きます。

白×青紫という色合いに加え、凛とした佇まいがなんとも魅力的な花です♪

neo05

« »

* RSS FEED